マレーシアで健康的に節約するならミックスライス

ミックスライスって聞いたことはありますか?

とにかく安くて美味しい、野菜もたくさん採れる、お腹にもお財布にも優しい、マレーシアの庶民的ご飯です。

マレー系と中華系、インド系がありますが、日本人の口に合う中華系ミックスライスをここでは紹介します。

f:id:ekanan:20190907185013j:plain

ミックスライスとは?

ミックスライスとは、ご飯の上に自分の好きなおかずをブッフェ式に盛っていくご飯のことです。

経済飯やエコノミーライスとも言われていましたが、今ではミックスライスという呼び方が一般的です。

マレーシア人の夫が子どものころは、家族4人で食べても5リンギット(約130円)ほどだったので、まさに経済飯、エコノミーライスだったのです。

現在は値上がりはしましたが、それでも十分安く提供されています。

今でも当時の名残でエコノミーライスと呼ぶ人も多くいます。

ミックスライスはどこで食べれるのか?

地元民がよく行くショップロットの一角にあることが多いです。

ローカル色が強い場所ならば必ずあります。

ショッピングモールの中のフードコート内にあることもありますが、ショップロットのほうが種類も多く、美味しいと思います。

f:id:ekanan:20190907184949j:plain

私がお勧めするミックスライスはここ

Kota Damansara の Jalan PJU 5/12 道に面してあります。

The Strand の道を挟んで反対側です。

Kepong(ケポン)の Taman Menjalara にも支店があります。

ミックスライスの買い方

1まずご飯をよそってもらいます。

言葉の心配はしなくても手を出せばもらえます。

もし持ち帰りにしたいのなら、「Take Away」か「タパオ(中国語で持ち

りの意味)」と言えば、持ち帰り用の容器にご飯を入れてくれます。

ご飯の量を見て、少ないと感じたら「More(もっと)」、多いと感じたら

「Lesser(減らして)」と言えば調整してくれます。

よそってもらう前に「Big(多め)」とか「Small(少なめ)」と伝えてお

くといいかも。

2、ずらーっと並んだ料理の中から自分の好きなものを好きなだけ、ブッフェスタイル

で乗せていくだけです。

3、カウンターでスタッフが見て値段を決めるので、表示された金額を払ってくださ

い。

、カウンター近くに無料のお茶とスープがあるのでセルフで取っていきます。

あとは空いている席について召し上がって下さい。

食べ終わっても特に片付けなくても大丈夫です。

どれくらい安いのか?

f:id:ekanan:20190907184959j:plain

私がいつも盛るミックスライスの値段(写真右)は、大体8リンギット(約210円)くらい。

しかも、ここから子どもに取り分けをしているので、私一人で5リンギット(約130円)くらいの値段になります。

夫はお肉やカレーなど目一杯おかずを盛っているので(写真左)、10リンギット(約260円)位いつも払っています。

これに無料でお茶とスープがつくのですから、本当にお得です。

夫は独身時代、ほぼ毎日ミックスライスを食べていたと言っていましたが、これなら栄養的にも安心ですね。

さいごに

中華系ミックスライスはどれもやさしい味付けで日本人の口に合うものばかりです。

いろんなものが一度に食べれるので独身者や単身赴任者にもとってもお勧めです。

ちょっとローカル色が強くて戸惑うかもしれませんが、言葉が通じなくても全く問題なく誰でも簡単に買えるので、まだの方は是非トライしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました