【ジャックフルーツの種】茹でるとホクホク!栗みたいで美味しい

私がマレーシアに来て初めて食べたフルーツの一つに「ジャックフルーツ」があります。

フルーツガムのようなグミのような不思議な甘さのあるフルーツでけっこう病みつきになるんですよね。

今まで果肉だけ食べて種は捨ててしまっていたんですが、種も食べられると聞いたので試しに茹でて食べてみたら、びっくり!

めちゃくちゃ美味しくて、今まで捨ててしまっていたことを後悔しました、、。

ジャックフルーツ(ナンカ)

ジャックフルーツは英語名、日本語では「波羅蜜(パラミツ)」と呼ぶようです。

マレーシア語ではナンカ(Nangka)と呼ぶので、日本語で会話すると誤解を招きやすい、、。

夫に「ナンカ買ってきて」とか「ナンカ食べたい」と言うと「何かじゃ困るから指定して」と言われるんですよ、、。

どうでもいい話ですが、、。

そんなジャックフルーツ(ナンカ)ですが、とにかくデカイので、お店ではこんなふうに(↓)切り売りされています。

ビタミンAやビタミンC、カリウム、鉄、マグネシウムなどの栄養素が豊富でスーパーフルーツとしても有名!

繊維質なのでお肉の代用にもなり、ヴィーガン食としても注目を浴びているそうです。

果肉の中には大きな種が1つ入っています。

この種を捨てずに茹でてみました。

ジャックフルーツの種を調理

ジャックフルーツの種は綺麗に洗って、塩茹でしました。

茹でたら皮が白っぽくなりました。

電気圧力鍋で10分加圧してちょうど良かったので、普通のお鍋で茹でる場合は30分くらい茹でる必要があるかと思います。

まずちょっと硬い外皮を剥きます。

中にも茶色い薄皮がありますが、柔らかいので気にせずそのまま食べられます。

とってもホクホクしていて、栗のようなソラマメのような食感。

自然な甘みがあり、美味しい!

これは、「栗おこわ」ならぬ「ジャックフルーツの種おこわ」もできそうだし、「きんとん」にしても絶対に美味しいと思います。

いい発見ができて、楽しみが増えました〜。

コメント

エカの南国主婦ライフ
タイトルとURLをコピーしました