【クローネンブルグ 1664 ブラン】ビールの苦味が苦手な人におすすめ

ビールは独特の苦味があってあまり好きではないのですが、最近初めて飲んだ「クローネンブルグ 1664 ブランはフルーティーでカクテルのような甘さがありちょっとクセになる爽やかさ!

ビール嫌いな女性にもウケが良いお酒として有名なようです。

フランス人気ナンバー1「クローネンブルグ 1664」

Wikipedia によるとクローネンブルグは1664年にフランスのアルザス地方に設立されたビール醸造所。

だから銘柄に「1664」と入っているんですね。

ずっとフランス産だと思っていましたが、2008年にはカールスバーグ社に買収され、ポーランドで醸造しているとのこと。

因みにマレーシアで売られているものは、セランゴール州にあるカールスバーグの工場で製造されているマレーシア産です。

だから結構お安く買えます。

アルコール度数は、5%。

原材料は、麦芽、小麦、糖類、オレンジピール、コリアンダー/ 香料、苦味料

フルーティーで美味しい

苦味はほんの少しありますが、それよりもフルーティー!

ほんのり甘く、カクテルのように軽い飲み心地。

シーフードやサラダに合いそう!

普通に苦味のあるビールが好きな方には物足りないのでしょうけど、私には軽くて好きな味です。

ドイツのヴァイツェン(白ビール)も飲みやすい

クローネンブルグ 1664 ブラン」を飲んで思い出したのが、以前ドイツで飲んだ「ヴァイツェン」という種類のビール。

「ヴァイツェン」とはドイツ語で小麦を意味し、白ビールとも言われています。

「ヴァイツェン」にもいろいろあるようですが、苦味が少なくフルーティー、でもホップの味がちゃんとするビール「エルディンガー」が飲みやすくて美味しかったです。


エルディンガー 【世界トップクラスの小麦ビールブランド】 ヴァイスビア [ ヴァイツェン ドイツ 330mlx24本 ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました