スポンサーリンク

【MILO ミロ】マレーシア人の大好きな国民的飲料

マレーシアで老若男女問わず皆んなに愛されている飲み物といえば『MILO ミロ』。

こちらでは『マイロ』と発音します。

日本にいた頃はほとんど飲まなかったのですが、マレーシアに来てから私もちょくちょく飲むようになりました。

マレーシアの国民的飲料ですね。

ミロの消費量世界一だそうです。

スポンサーリンク

ミロはココアではなく麦芽飲料

ミロはよくココアと混同されますが、ココア味の麦芽飲料です。

成長応援飲料としてのイメージが強いので、日本では子どもに飲ませる方が多いですが、マレーシアでは大人も大好きです。

そして成長し過ぎな方が多い。(失礼!)

たしかに鉄分をはじめミネラル、ビタミンDが豊富なので、貧血予防にもなりますね。

ミロ1杯で鉄分を3.5g含んでいるので、成人女性の1日に必要な鉄分量(10.5g)の3分の1以上 を補うことができます。

以前、マレーシアで手術入院した時、手術後に最初に口にして良いものは医者から「ミロ」と言われました。

何も食べれない時の栄養補助としてミロは最適だと思います。

でも、やっぱりかなり甘いので飲み過ぎは注意ですね。

私も以前ハマって毎日飲んでいたら、お腹がぽっこりしてきましたから。

鉄分が補えるとは言え、なんでもほどほどに。。

マレーシアのミロは甘い

日本で発売されているミロは牛乳で溶かして飲むように作られていますが、マレーシアのミロは水かお湯で溶いて牛乳はお好みに応じて入れます。

そのせいか、マレーシアのミロのほうが甘いように思います。

しかもマレーシア人は、砂糖やらコンデンスミルク(練乳)を入れてさらに甘くして飲むのが好きです。

お店でも何も言わずにミロを注文すると激甘なものが出てくるので、私は「ミロ・コソン!」と言って注文します。

コソンとは0(ゼロ)のこと、つまり何も加えずミロとお湯だけを溶かしたもの。

ネスカフェを混ぜて「NESLO ネスロ」

ホーカーセンター(屋台)やコピティアム(ローカルのカフェ)には「NESLO ネスロ」と言って、ミロにネスカフェを加えた飲み物もあります。

カフェモカ風で結構美味しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました