幼児の室内遊びは「忍者遊び」がお勧め!

幼児の室内遊びはいくつかありますが、中でも「忍者遊び」は我が子のお気に入りです。

子どもは忍者が大好き、海外でも忍者は人気があります。

シンプルな遊びですが、忍者になりきることで楽しさ倍増です。

忍者遊びをするようになったきっかけ

実は「忍者遊び」をするきっかけになったのは、子どもの忍者教室の体験レッスンです。

失礼ですが、これなら私でも家で出来る!と思ったのです。

それにその教室は、子どもの人数も多く順番待ちがもったいない。。

その教室でやっていたことをヒントに家でもやってみました。

3〜6歳くらいの子どもが楽しめる遊びです。

忍者遊びの内容

抜き足、差し足、忍び足

これは忍者教室ではやっていませんでしたが、忍者っぽくなるために最初に行います。

家の中を抜き足、差し足、忍び足で足音を立てないようにして、目的地まで進みます。

声を出したり、笑わないようにして、話すときはヒソヒソと話します。

これだけのことですが、子どもは想像力をかきたてられてワクワクします。

忍者修行

これは柔らかい長めの棒を使います。

新聞紙を丸めたもの、長い抱き枕、水泳スティックなど何でも良いです。

これを子どもの前でスライドさせて、ジャンプさせたり屈んだりさせて棒に当たらないようにします。

高さを変えて、子どもにジャンプか屈むのか瞬時に判断させます。

最初はゆっくり、だんだんスピードを上げていって下さい。

下にマットを引いておくと、でんぐり返しもできるのでお勧めです。

これをやると汗だくになり、良い運動になります。

手裏剣投げ

あらかじめ作っておいた折り紙手裏剣を使います。

棚の上にポストカードなどを立て掛けておいて、手裏剣を投げて当てさせます。

棚の中に投げ入れる方法でもいいです。

とにかく目標を定めて、上手く目的の場所に飛ばすように修行します。

忍者遊びのメリット、デメリット

メリット

  • ごっこ遊びで想像力を膨らませる
  • 運動能力を高める
  • 親子のコミュニケーションになる

忍者遊びはとにかく楽しくて、親子で楽しめます。

デメリット

  • 大人主導でやらなくてはならない

子どもだけで出来ないこともないですが、忍者修行遊びは大人がいないと難しいです。

2歳頃から始まる「ごっこ遊び」は、4〜5歳ごろがピークと言われています。

今しかできない親子のコミュニケーションを存分に楽しみたいと思います。

さいごに

「忍者遊び」は男の子も女の子も楽しめる、お勧めな室内遊びです。

退屈な雨の日の過ごし方の参考になれば幸いです。

忍者に関する絵本を読んでおくと、もっと気分が高まります!

「にんじゃ つばめ丸」はどっぷりと忍者の世界に入り込める、我が子のお気に入りの一冊です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました