紙魚(シミ)対策!紙袋を全て捨てました

紙魚(シミ)という虫を家の中で見たくなくて掃除をきちんと行っているつもりでしたが、先日何年かぶりに紙魚(シミ)が2匹出ました〜。

溜めている紙袋の中からです。

全て捨てました!

紙魚(シミ)は紙類が大好き

実際はもっと白い色です。

紙魚(シミ)は英語でシルバーフィッシュ(silver fish)というオシャレな名前がついていますが、全然可愛くありません。

不規則にすばやく動く姿が不気味、、つぶすと銀色の粉状になるし。。

以前もこのブログで紙魚(シミ)対策についてまとめましたのでよかったらお読みください。

やっぱり紙魚(シミ)は紙類が大好きなんですよね。

そりゃ名前からして分かりますが、紙を食べる虫ですから。。

紙魚(シミ)が好きなもの

  • 紙類( 紙袋、ダンボール、古本 など)
  • 布類 (特に古着)
  • 粉物( 小麦粉、パン粉 など)

紙袋はためてはいけない

普段から気をつけて紙袋はあまりためないようにしてはいたのですが、やっぱり紙魚(シミ)が出てしまった。

卵を産んでいるかもしれないので、全て捨てました。

考えてみたら紙袋って、何かあった時用に保管しておくものですが、その何かって今まであっただろうか。。

私がこの1年で紙袋を使ったのは、冷蔵庫に野菜を仕切って入れるための保管用としてと子どもが工作を学校に持参したときの2回だけです。。

ブランド物の紙袋だってもったいないからととっておくけれど、結局人に何か渡して入れる時にブランド物ではなんだか気恥ずかしくて、無難な無地のものを使っていたし。

それに何年も保管しておくと黄ばんだりして結局捨てる羽目になるんですよね。

紙袋は保管する枚数を決める

あくまで私の考えですが、普通の紙袋はすぐ使う予定がない限り、捨てたほうがいいと思います。

ただし紙の表面がコーティングされたツルツルしたタイプの紙袋は、丈夫なのでしばらくの間は保管しておいてもいいんじゃないかとは思います。

それぞれのライフスタイルによって紙袋を使う頻度は違いますが、ためる枚数をあらかじめ決めておいた方がいいように思います。

ただでさえ、たまりやすいですからね。。

我が家には今1つも紙袋はありませんが、今後また手元に来たら3〜5枚までにとどめたいと思います。

そして半年以上は保管しないように気を付けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました