良質な油を摂って血栓症予防【沖縄のまーてる先生】

最近、身近な方が血栓症で亡くなりました、、。

コロナのワクチン接種が進む中、血栓症のリスクは誰もが聞いたことがあるでしょう。

ワクチン接種の有無に関わらず、血栓症予防のために日頃から気をつけておくことは大事だなと感じています。

いろいろ調べている中、沖縄のまーてる先生を知りました。

血栓症予防のために出来ることbyまーてる先生

重要!自己管理について

簡単にまとめると、、

良質な油を摂取する

ココナッツオイルやアマニ油など良質な油を摂取することは血栓症の予防になります。

まーてる先生によると、高齢者で日頃から油を控えめにしている人ほど血栓症を起こしやすいとのこと。

良質な油は血管の内壁の潤滑油になりますものね。

アルコールは控えめに

アルコールの摂り過ぎは血栓を助長することに繋がるそうです。

口腔ケアをする

血栓症の予防ではありませんが、まーてる先生は口腔ケアの大切さも強調されています。

舌磨き、塩水うがい、鼻うがいなどで常に口腔を清潔にしてウイルスを除去しておくことが大切!

舌が汚れていると、肺炎になりやすいともおっしゃっています。

身体をアルカリ性に保つ

身体が酸性に傾くと血液がドロドロになり、様々な病気にかかりやすくなることはよく知られていますよね。

まーてる先生は身体をアルカリ性に保つために「シリカ水」や「水素水」を勧めていらっしゃいます。

水素は酸素とすぐ結合するので、身体の細胞が活性化しやすいのだとか。

とにかく自己管理!

私の住むマレーシアでは糖分の摂り過ぎも問題になっていますが、同時に油ものも摂りすぎなんですよね。

もちろん良質な油ではなく、血栓を促進すると言われているサラダ油です。

家庭料理でただの炒めものをするだけでも、びっくりするような量のサラダ油を注いでいるんですよ、、。

コロナによる死者数がなかなか減らないマレーシアですが、血栓が出来やすい体質の方が多いのかもしれません。

本当に自己管理の大切さを身にしみて実感しているこのごろです。

コメント

エカの南国主婦ライフ
タイトルとURLをコピーしました