ピーナッツをお料理に取り入れて美容生活

マレーシア人はピーナッツが大好きです。

スナックとしてだけでなく、普段の食事でもピーナッツをよく摂っています。

マレーシアの定番朝食ナシレマやサテーのピーナッツソースなど、ピーナッツはマレーシア人にとって欠かせない食材なのです。

私もマレーシアに来てからピーナッツをよく食べるようになりました。

ピーナッツは栄養豊富で美容食材でもあるのです。

この記事ではピーナッツの美容効果と私が普段よく作るピーナッツを使ったレシピ2つを紹介します。

ピーナッツの凄い栄養と美容効果

ピーナッツは、実はナッツではなくマメ科ラッカセイ属の豆です。

南京豆とも呼ばれています。

カロリーが高くて太るイメージがありますが、抗酸化作用が高くて美容効果の高い食材なのです。

タンパク質

ピーナッツには良質なタンパク質が多く含まれています。

美肌効果があるだけでなく、薄毛、抜け毛の予防にもなります。

脂質

オレイン酸リノール酸などの不飽和脂肪酸が豊富です。

動脈硬化などの生活習慣病の予防になります。

ビタミン

ビタミンB群の一種であるナイアシンやビタミンEの含有量が高いです。

血行が良くなり、アンチエイジング効果が期待できます。

ミネラル

ミネラルは細胞の働きをスムーズにし、代謝を高める効果があります。

ピーナッツには特にマグネシウムが多く含まれ、体内酵素の活性化を促します。

ピーナッツを使ったレシピ

マレーシアのスーパーには生のものが売られています。

ピーナッツの薄皮には、たくさんのポリフェノールが含まれているので、洗ってからそのまま使います。

ピーナッツ入りスープ

中華系の方は、スープにもピーナッツを入れます。

これはよく行く中華スープ専門店のメニューですが、これを参考に家でも作っています。

鶏か豚の骨付き肉をレンコン、ピーナッツと一緒に煮込みます。

ナツメやクコの実も一緒に煮込むと身体が温まります。

ピーナッツのマグネシウムは茹でると溶け出してしまうので、スープで食べるのは栄養がそのまま摂れていいですね。

ピーナッツが柔らかくなるまで結構時間がかかるので、スロークッカーか圧力鍋を使うと簡単です。

ピーナッツご飯

ピーナッツを水に1時間以上浸しておいて、ご飯と一緒に炊くだけです。

塩を少し加えると甘味が出て美味しいです。

量は適当ですが、米1カップに対して、ピーナッツは1/2カップくらい入れています。

香りもいいし、ピーナッツから脂質が溶け出して、ご飯がモッチモチになって凄く美味しいので意外とハマります。

浸水時間が短いとピーナッツは硬めに仕上がります。

さいごに

健康長寿にもなると注目されているピーナッツは、おやつやおつまみにしておくのは勿体ないです。

お料理に使うとピーナッツの栄養が効率よく採れるのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました