チャイニーズニューイヤー「春節」を迎える準備

クリスマス、正月が過ぎると、マレーシアの街はチャイニーズニューイヤー(春節旧正月)一色になります。

2020年のチャイニーズニューイヤー(春節旧正月)は1月25日です。

我が子の通う中華小学校も春節の前後は1週間お休みになるので皆楽しみにしています。

我が家も夫が中華系マレーシア人ですので、お祝いの準備に向けてチャイニーズニューイヤー前は少し忙しくなります。

チャイニーズニューイヤー(春節旧正月)を迎えるためにどんな準備をするのかまとめました。

家の飾り付け

玄関のドアや家のリビングに真っ赤なチャイニーズニューイヤーアイテムで飾り付けをします。

ショッピングモール内にも飾り付けを売る特設会場が設けられています。

蜜柑(みかん)購入

蜜柑(みかん)は中華系にとってラッキーアイテム。

「柑」の発音が「金」と同じで縁起が良いとして好まれているのです。

他家を訪問するときには蜜柑(みかん)を偶数個持っていきます。

またそのお宅から同じく偶数個の蜜柑(みかん)を頂いたりします。

来客用のお菓子の用意

訪れてくれたお客様に出すお茶菓子を用意します。

お店でも買えますが、自分で手作りする方もたくさんいます。

他家を訪れる時にも、蜜柑(みかん)と一緒にこのようなお菓子を手土産として持っていきます。

ハンパーの購入

特にお世話になった方や親しい方には、ハンパーと言われる特別な詰め合わせセットを渡します。

またビジネスにおいてもお得意様や取引先にハンパーを渡すことがよくあります。

ハンパーの中身は、お菓子や酒、お茶などいろいろ種類があります。

アンパオ(お年玉)の準備

アンパオ(お年玉)は、日本では親戚の子どもに渡しますが、こちらでは独身者(大人)や親戚ではない子ども達にも渡します。

アンパオは「紅包」と書き、赤い袋を使いますが、最近では赤だけでなくカラフルなものも増えています。

中には新札を入れます。

金額は親しさによって変わってきますが、近所の子ども達や遠い親戚の子には5〜10リンギット(約150~270円)くらいを渡します。

赤い服の準備

チャイニーズニューイヤーの3日間は赤やピンク、黄色などの明るい色の服を着るのが好ましいとされ、洋服を新調する方も多くいます。

特に赤色は繁栄を表し、縁起が良いので中華系の大好きな色です。

さいごに

チャイニーズニューイヤーの時期は街全体が赤く飾られ、お祝いムードに包まれます。

ショッピングモールではニューイヤーセールも開催されるし、この時期にマレーシアに 観光で来るといつもと違った雰囲気が楽しめることと思います。

チャイニーズニューイヤー(春節、旧正月)の過ごし方
やっとチャイニーズニューイヤー(春節、旧正月)の長い休暇が終わり、子どもも今日から学校です。チャイニーズニューイヤーを祝う為に我が家では毎年、義理の実家に5日間程帰省します。中華系マレーシア人のチャイニーズニューイヤーの祝い方を簡単...

コメント

タイトルとURLをコピーしました