【ベビースピナッチ】サラダ用ほうれん草で簡単に鉄分補給!女性に嬉しい栄養素が豊富

我が家では「ベビースピナッチ」を冷蔵庫に常備しています。

言葉通り、ほうれん草の赤ちゃんですが、えぐみがないのでそのまま生でパクパク食べれる、とっても美味しい葉っぱです。

私の住むマレーシアでは、大抵のスーパーで簡単に手に入れることができます。

私は貧血気味なので、鉄分の多く含む食品を意識して摂るようにしているのですが、ベビースピニッチはそのまま食べれるので簡単で本当に便利です。

ベビースピナッチとは?

「ベビースピナッチ」はほうれん草の幼葉です。

普通のほうれん草と決定的に違うのは、えぐみの元であるシュウ酸が少ないことです。

ほうれん草といえば、えぐみ(アク)を取るために茹でて下処理をしなければいけませんが、ベビースピナッチはその必要がありません。

むしろ火を通さないことで栄養素を損なわずに食べれるので便利ですね!

ほんのり甘くてクセのない味なので、子どもでもパクパク食べれます。

緑の野菜を食べないお子さんにも是非トライさせてみて欲しいお野菜です。

よく海外セレブがほうれん草入りのスムージーを飲んでいますが、あれはこのベビースピニッチを入れているのです。

普通のほうれん草を入れたら苦くて飲めません。

ベビースピナッチのメリット

女性に嬉しい栄養素が豊富

ベビースピニッチの栄養素は普通のほうれん草とほぼ同じです。

鉄分はもちろんのこと、ビタミンC、葉酸、ベータカロチンなど女性に嬉しい栄養素を豊富に含んでいます。

また第7の栄養素として注目を浴びている「フィトケミカル(ファイトケミカル)」もベビースピナッチには含まれています。

天然の有効成分であるフィトケミカル(ファイトケミカル)は効酸化作用が強く、アンチエイジングにも効果が期待できます。

長持ちする

いつも2パックくらい買って、洗ってからタッパーやジップロックに入れて保存しておきますが、1週間以上経っても新鮮なままです。

結構長持ちする上にいろんなお料理に使えるので便利です。

基本的にはサラダが多いですが、多少萎びてしまったとしてもオムレツやスープなどに入れてしまえば大丈夫!

ベビースピナッチの食べ方

サラダとして

やっぱりサラダとしてそのまま食べるのが一番美味しいです。

ベーコンと合わせるレシピが一番多いようですが、私はいちごサラダにするのが美味しいし可愛いので気に入っています。

緑と赤のコンビネーションがきれいで見栄えします。

サンドイッチに挟んで

レタスの代わりにサンドイッチに挟んでも美味しいです。

味にクセがないので、基本的にどんな具材とも合うと思います。

それにレタスより栄養価が高いのでお勧めです。

パスタと一緒に

普段のパスタを作って仕上げにベビースピニッチを入れてサッと混ぜるだけです。

パスタの色合いも良くなるし、栄養的にもばっちりですね。

こんなレシピも見つけました。

ベビースピナッチとマジックソルトだけのパスタ!

マジックソルトとベビーほうれん草の和えるだけ簡単パスタ
和えるだけの究極のシンプルさと驚きのおいしさの秘密はマジックソルトです。

さいごに

私のお気に入りの野菜「ベビースピニッチ」を紹介しました。

ベビースピニッチをさっと添えるだけで栄養素も補えるし、色合いも良くなるのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました