【プレゴ(Prego)パスタソース】ちゃっちゃっと作れる万能ソース

ステイホーム中に知った『プレゴ(Prego)パスタソース』の優秀さ。

昔食べた缶詰めのパスタソースが不味くて、今までこういうレトルト食品って避けていたんですが、『プレゴ(Prego)パスタソース』はレトルト独特な味もせず、けっこう美味しいですね。

そして簡単なので1個常備しておくと便利!

『プレゴ(Prego)パスタソース』

プレゴ(Prego)パスタソース』はスープで有名なキャンベル社の商品です。

トマト系のパスタソースは「トラディショナル」と「マッシュルーム」の2種類。

クリーム系もありますが、こちらはまだ試したことはありません。

マレーシア(イオン)では1瓶RM7.64(約195円)で売られています。

賞味期限は約1年あるようなので、ストック品として最適ですね。

『プレゴ(Prego)パスタソース』の使い方

プレゴ(Prego)パスタソース』は意外に塩分もそれほど強くないので、アレンジが自在にできて便利。

うちは子どもがいるので、これ以上味を付け加えたりはしていませんが。

ハーブや香辛料の香りも強めですが、甘い味付けなので子どもも好きな味。

そのままパスタに和えてもOK!

この日は冷蔵庫にある野菜や肉を炒めて、『プレゴ(Prego)パスタソース』と混ぜ合わせています。

簡単なので子どもに作ってもらっています。

パスタだけではなくて、トマト系の煮込料理ならなんでも美味しくなるんではないでしょうか。

ピザソースやドリアとしても重宝しそうです!

ちなみにプレゴ(Prego)のスパゲッティもモチモチで大好きです。

子ども用パスタも色んな種類があってうちの子どものお気に入りです。

コメント

エカの南国主婦ライフ
タイトルとURLをコピーしました