内股の日本人女性とガニ股のマレーシア人女性

マレーシアに来たばかりの頃、マレーシア人女性の多くがガニ股で歩いていることにすごくびっくりしました、、。

マレーシアにはマレー系、中華系、インド系と主に3民族いますが、民族に関係なくガニ股女性が多いです。

どちらかというと中華系の女性に多い印象ではありますが。

反対に日本人女性には内股が多く、海外でも異様な目で見られていることはよく知られています。

内股やガニ股は骨格や筋肉の使い方などに原因があるようですが、性格も表している気がするんですよね。

内股の日本人女性

内股歩きは英語でpigeon toed walking 」(鳩歩き)と表現されます。

実際ドイツ人の友人に「日本人の女の子って鳩のように歩くわよね」と言われたこともあります。

こんな動画もあります↓

Pigeon-Toed Girls in Japan!

可愛いと言われることの多い日本人女性ですが、歩き方だけは残念だと言われているようです。

内股の原因は、「着物文化」や「カワイイ文化」、「ぺたんこ座り」にあると言われていますが、実際どうなんでしょうね、、。

そして内股女性の性格は当然、内向的

遠慮がちで気が弱い、そんな性格な気がします(私の個人的な考えです)。

ガニ股のマレーシア人女性

一方、マレーシア人女性はガニ股が多い。

つま先が外を向いているだけの人、つま先どころか膝全体が外を向いて歩いている方まで程度はそれぞれですが、内股はいないですね。

そしてガニ股の女性は、食事の時に足を組んで猫背で食べる方が多い気がします。

(足を組むのも、足首をもう片足の膝上にのせる大胆な組み方!)

ガニ股女性の性格は、外交的で気が強い

性格が歩き方に影響したのか、歩き方が性格を変えるのか

内股もガニ股も膝や腰、股関節への負担が大きく、歳をとってから歩行に障害が出やすいようなので治したほうが良いですね、、。

ちなみに私は以前、内股でしたが、長い海外生活が影響したのか気づいたら内股ではなくなっていました。

ふと立った時、以前は内股のハの字だったんですよ、、(上の動画の女子高生のように)。

海外では内気ではやっていけないので、知らずに知らずのうちに気を強く持っていたんでしょうか、、。

性格が歩き方に影響を及ぼすのか、歩き方が性格を変えるのかは分かりませんが、興味深いです。

これ以上外に向かないように(ガニ股にならないように)意識しないと、強いおばさんになってしまう〜!

コメント

エカの南国主婦ライフ
タイトルとURLをコピーしました