スポンサーリンク

タンパク質摂取をもっと意識して【ちょい足ししやすい食材3つ】

最近「現代人はタンパク質摂取量が足りていない」とよく見聞きするので、意識してもっと食べるようにしているんですが、肉や魚を増やしても多過ぎてそんなに食べられないんですよね。。

そこで肉や魚以外で高タンパクな食材をちょい足しして、栄養バランスを整えるように心がけています。

私がちょい足しやすい簡単食材を紹介します。

もちろん食事はきちんと用意した上でのちょい足しです。

スポンサーリンク

高タンパクなちょい足し食材3つ

高タンパクな食材はたくさんありますが、私が摂りやすくて続けやすい食材です。

ギリシャヨーグルト(無糖)

ギリシャヨーグルトは、普通のヨーグルトと比べてタンパク質は3倍!

フレイル予防にもなると一時期話題になっていましたね。

フレイルとは「虚弱」という意味で、高齢者の筋力や心身の状態が低下した状態(要介護の手前)のことです。

マレーシアのスーパーでいつも買うのはオーストラリア産の「Farmers Union 」というメーカーのもの。

無糖なのでアレンジが効いて食べやすいです。

ナッツ類

ナッツは高カロリーで太りそうなイメージですが、タンパク質だけでなく不飽和脂肪酸や食物繊維も豊富なので美肌のためにも積極的に摂りたい食材ですね。

それにギリシャヨーグルトは持ち運べないけれど、ナッツならどこにでも持っていけます。

私は最近、朝食にナッツ類を食べるようにしています。

ナッツには幸せホルモン「セロトニン」を増やす効果があるので、朝食に食べるのは1日を快適に過ごすために効果があるそうですよ。

朝ナッツで幸せホルモンを増やす!朝食にナッツを食べて1日ハッピー
健康のためにといつも張り切ってナッツ類を買うんですが、思ったより食べられない私。ナッツは小腹が空いた時とか、オヤツに最適とは聞くけれど、そういう時はやっぱり炭水化物や甘いものを欲してしまうので(それが肥満の元なんですけどね。。)。...

枝豆

ダイエット中の間食によくお勧めされる枝豆ですが、これも高タンパク食材です。

また食物繊維や葉酸、鉄分、ビタミン類も摂れるのでスーパーフードとも言われています。

海外でも「edamame 」で通じますよ!

冷凍食品なら自然解凍でそのまま食べられるものもあり便利ですね。

40代からはタンパク質をもっと意識する

40代以降は若い頃よりもっとたくさんの良質なタンパク質を摂取する必要があるそうです。

フレイル予防ももちろんですが、40代以降に訪れる更年期の症状が軽くなるのだとか。

私はかなり意識しないと簡素な食事になってしまうので、今から気を付けてタンパク質不足にならないようにしなくては!

アンチエイジングはなかなか大変だ〜。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました