スポンサーリンク

タイの高級米『ジャスミンライス』〜おにぎりもできます〜

我が家で普段食べるご飯は、タイの高級米『ジャスミンライス』です。

タイ米というとパサパサなイメージがありますが、ジャスミンライスは日本米のようにモチモチでとっても美味しいのです。

アジア料理はもちろん、意外にも和食にも合います。

スポンサーリンク

『ジャスミンライス』とは?

ジャスミンライスとは、タイ米の最高級香り米のことを言います。

ジャスミンの花のように白い花という意味でこの名前が付けられており、ジャスミンの香りがする訳ではありません。

炊いている途中からなんとも言えぬ甘い穀物の香りがしてきます。

この香りは、Wikipedia によると「イネが自然に産生する芳香化合物群からきている」ということです。

ジャスミン米 – Wikipedia

香りは数ヶ月経つと消えてしまうので、新米の時が一番香りがよく美味しいです。

ジャスミンライスにもランクがあり、もちろんAランクがおすすめ。

我が家がいつも買うのは、「Sun White 新陽」という商品。

「新米」シールが貼ってある時に買うと最高に美味しいです!

ジャスミンライスの炊き方

ジャスミンライスは、しっかり研ぐと香りが抜けてしまうので洗う程度で充分です。

香りが良いので、ヌカの匂いは全く気になりません。

パラパラに炊きたい場合

アジアン料理に合わせてパラパラに炊きたいときは、米と水の量は1:1で炊きます。

ジャスミンライスはすぐに水を吸水するので浸水させずにすぐ炊くとパラパラに炊き上がります。

日本米のようにモッチリと炊きたい場合

和食に合わせて日本米のように食べたい時は、水の量は日本米を炊くときと同じ水分量で炊きます。

私は炊飯器の目盛りより気持ち多めに水を入れます。

そして10分以上浸水させてから炊きます。

この炊き方ならおにぎりも作れるし、翌日お弁当にも使えます。

扱いは難しくないので、自分好みの水加減を見つけてみてください。

さいごに

海外在住でなかなか好みのお米が見つからない方は、是非ジャスミンライスを食べてみてください。

香りの良さと日本米のような美味しさにきっとハマります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました